関連情報

ルール

スタート地点を出た段階から殺し合いがスタートすることになる(原作ではスタート地点の分校の出口のドアが観音開きになっている)。エリア内の施設は電話、電気、水道が止まっており、携帯電話も中継局が押さえられているため外部と通じない。基本的に反則は無いが、2人以上の生存を目的にプログラムを実施するためのシステムを無効にすることや、プログラムを実施する政府を攻撃することなどの反政府活動は禁止されている。

支給品

生徒達にはそれぞれ、食料(パン)、飲料水(約1リットルの水が入ったボトル2本)、地図、方位磁針(安物のブリキ製)、時計(漫画版では懐中時計)、懐中電灯、特定の武器が入ったデイパックが与えられる。

武器

生徒に支給される武器はランダムに渡される。
ショットガンやサブマシンガンなどの銃器(アタリ武器と呼ばれる)、アーミーナイフやナタなどの刃器が多いが、簡易レーダーや防弾チョッキの様な補助的ツールもあり、中にはフォークやブーメランなど殺傷能力がほぼ無いもの(ハズレ武器と呼ばれる。映画版はハリセンや鍋蓋など、よりシュール)もある。これは戦いに不確定要素を盛り込み、全員に少しでも優勝の可能性を与えるためである。

首輪

このゲームを成立させる上で、最も重要なアイテムがこの首輪(正式名称:ガダルカナル22号)である。生徒達には必ずこれが装着させられている。
それぞれの首輪には発信機が付いており、生徒の現在位置と生体反応を常に送信し続けている。この首輪によって政府が生き残っている生徒の数とその現在地を把握している。建物や掘った穴に隠れても首輪に電波は届き、防水措置もされている。また、これには爆弾も取り付けられていて、首輪を無理に外そうとしたり、禁止エリアに侵入したりした時などに爆発する様になっている。
さらに、生徒達には知らされていないが、この首輪には盗聴器も内蔵されており、これによって脱出しようとしたり政府に反抗しようとしたりするなどプログラムの根幹を崩そうとする者に先手を打ったり、最悪の場合は政府が即座に遠隔操作でその生徒の首輪を爆破することもできる。
電気回路をいじることができ、内部構造を知っている者であれば、ラジオなどに入っている部品を使って簡単に外すことが可能である。ただし内部構造は国家機密。

映画おすすめ情報

禁止エリア

このゲームでは禁止エリアが設定されている。このエリアに入ると、首輪が爆発する仕組みになっている。
始めに、睡眠ガスで眠らせるなどして強制的に会場まで連れて来られた対象クラスの生徒全員を一箇所に集めて、プログラムの開会式とルール説明が行われる。試合が開始された後、予めくじで決定された生徒(基本的に最初に出発した生徒の方が有利になるので、公平性を保つための措置。作中行われたプログラムでは偶然男子1番から出発となった)から順に、政府の兵士達がいるスタート地点から2分おきに一人一人を出発させる。全員出発した20分後を以て、そのスタート地点から半径200mが禁止エリアとなり、その後は最初の定時放送の1時間後から2時間毎にエリアが3つずつ増えて行く。禁止エリアの座標はコンピューターによって不規則に決められるので、どこが禁止エリアになるのかは放送を聞くまで分からない。なお、出発する時間になってもスタート地点を離れない生徒は殺害対象となる。スタート地点に大人数の兵士が武装して警備しており、スタート地点が禁止エリアになる前に武器を持った生徒から襲撃される事態に対処している。
禁止エリアの範囲は政府から支給された地図に記されているが、地面に目に見える線やロープが存在する訳ではない。
基本的にこのゲームは一箇所に留まって動かないことが得策なので、それを防いで強制的に生徒達を移動させ、他の生徒達と遭遇する様に仕向けるためのシステムである。一度禁止エリアに設定されたエリアはゲーム終了まで解除されることがないので、時間が経過するに連れて自然と行動範囲が狭められ、遭遇率が高くなるのである。
プログラムの舞台が離島の場合、海に逃亡しようとする者を射殺する船が東西南北に1隻ずつ配置されている。

定時放送

ゲーム中には1日4回、午前と午後の0時と6時に放送が流れる。放送では、ゲーム開始後または前回放送後からその時の放送までの間に死亡した生徒の名前が名簿順(映画版では死亡順)に読み上げられる。その後に、放送から1時間後、3時間後、5時間後の禁止エリアの座標が告知される。優勝者が決定した時も、放送によってその旨のアナウンスが行われる。なお映画版の場合、最初にラデツキー行進曲など有名なクラシック音楽が流れる。

タイムリミット

このゲームにはタイムリミットがあり、24時間に渡って死亡者が出ない場合は時間切れとなる。時間切れになると生存者全員の首輪が爆破され、優勝者無しとなる。しかし、時間切れによって決着したケースは全体の0.5%程度しかなく、タイムリミットになることは稀。
映画版では、首輪に内蔵されているバッテリーの関係でタイムリミットは3日間となっている。

映画の最新情報